美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 脂肪注入 豊胸

「脂肪注入 豊胸」のキーワード関連記事一覧

脂肪注入による豊胸の衝撃

先週のブログ記事http://blog.funa-biyou.com/archives/4502はけっこうインパクトがあったらしく、多方面のかたから、脂肪注入の定着性について質問を受けています。
医療関係者も含め、脂肪はあまり定着しないというイメージあるようですが、最近は、技術の向上で脂肪の定着率もかなり高くなってきました。
当院では、注入した量に対して60~70%が残るという印象です。ただし、これは授乳経験がある場合です。授乳経験がない場合は、もう少し定着率が悪いのが実際のところです。
今回もモニター写真をご紹介します。

豊胸手術前1
手術前

豊胸手術後1
脂肪注入後7か月

豊胸手術前2
手術前

豊胸手術後2
脂肪注入後7か月

豊胸手術前3
手術前

豊胸手術後3
脂肪注入後7か月

豊胸手術前4
手術前

豊胸手術後4
脂肪注入後7か月

豊胸手術前5
手術前

豊胸手術後5
脂肪注入後7か月

7か月の状態は今後も吸収されずに持続されます。
脂肪注入は、見た目以上にご本人の満足度が高い手術のようです。
手術を受けたかたは皆満足していただけています。
最後にこのモニター患者様のアンケートもご紹介しますね。

患者様アンケート

「20代 女性
 脂肪吸引手術(太腿外側・後面)豊胸術(脂肪注入)
 10年間入れ続けた胸のシリコンを抜去するのが1番の目的でした。でもいろいろ(ホームページなどで)調べていくうちに脂肪吸引+胸へ注入出来る事を知り、
 『一石二鳥』と思い今回施術しました。
 正直、術後~1週間位は体が思うように動かず大変でしたが、今は本当にやってよかったと思っています。
 受付の方、カウンセリングの方、先生、全てとても親切に対応していただき有難うございました。
 また何かあったらお願いします(笑)」

船橋美容HP「脂肪注入による豊胸」
青山美容HP「脂肪注入による豊胸」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

脂肪注入による豊胸

脂肪注入による豊胸を受けたモニター患者を紹介します。
授乳でしぼんだバストが悩みだったようです。
脂肪注入による豊胸は「脂肪吸引で痩せられる」+「バストが大きくなる」という一石二鳥の手術です。

豊胸施術前
治療前の状態
下品は言葉で言うと【貧乳】

豊胸施術後2日目
注入後2日目の状態
脂肪注入による豊胸では手術時はかなり多めに脂肪注入をします。これは注入した脂肪がいくらか吸収されるからです。

豊胸施術後2週間目
2週間後の状態
まだそんなに吸収されていません

豊胸施術後1ヶ月目
1か月後の状態。
2日目の状態と比較して20%程度小さくなっています。

豊胸施術後2ヶ月目
2か月の状態
1か月目の状態とそれほど変わりません

豊胸施術後3ヶ月目
3か月目の状態
1か月目と比較して、わずかに小さくなっています。
ほぼこの状態で定着すると考えてよいです。

豊胸施術6ヶ月目
6か月目の状態
3か月と比較しても変化がありません。
直後の状態と比較すると、70%程度の大きさです。
脂肪注入による豊胸では60~70%が定着すると考えてよいです。

患者様にもかなり満足していただけました。
患者様からのアンケートです。
患者様アンケート豊胸
患者様アンケート
「30代 女性
 バスト脂肪注入(太腿3ヶ所)ふくらはぎボトックス4回セット

 施術のキッカケ・お悩み:授乳による胸の縮みにショックを受けて、鏡を見るのも嫌だったため。
 クリニックを選んだ理由:検索で一番最初に出ていたから。自宅の最寄駅からのアクセスが良かった。
 説明を受けた感想:丁寧に優しく説明して頂けました。胸の施術例をもっと見たかったです。
 施術内容・痛みなど:脂肪吸入&注射による豊胸の術後はとにかく寒かった。
 施術当日の様子:9時に着いて10時から手術。2時に目が覚めて4時に帰宅
 施術後の経過:とにかく圧迫が大事ろ聞いていたので日々圧迫。2日後より仕事に復帰した為バレない様に座ったりたったりが大変だった。
 アフターケアの内容や感想:圧迫の方法、準備した方が良いもの、体験談など参考になることを教えて欲しかった
 施術結果の感想:鏡を見て落ち込む事がなくなったのでやってよかった。
 メッセージ:毎回親切に対応して頂き有難うございました。手術当日は不安でしたが皆さん優しくて安心して手術を受けられました。」

船橋美容HP「脂肪注入による豊胸」
青山美容HP「脂肪注入による豊胸」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

最新技術による古くて新しい脂肪注入による豊胸

脂肪注入による豊胸は、かなり以前からある手術ですが、注入した脂肪が定着せず、吸収されたり、注入した脂肪がしこりになってしまう、注入した脂肪が壊死してしまう、などの問題点がありました。
しかし、近年は前述した問題点が克服され、脂肪注入による豊胸はかなり発展しています。
まず、モニター患者さんの写真を掲載しますね。

豊胸前1
豊胸前2
豊胸前3
豊胸前4
豊胸前5
手術前:授乳により萎んでしまったバスト

豊胸直後
手術後3日目:内出血がでていますが、これは普通のことです。
(平成24年6月17日)

豊胸後
手術後7日目:7日目で抜糸します。
(平成24年6月21日)

豊胸後1
豊胸後2
豊胸後3
豊胸後4
豊胸後5
手術後1か月の状態(平成24年7月20日)

このように非常に定着がよくなっています。
1ヶ月後の状態しか掲載できていませんが、今後もこのボリュームが維持されます。このモニターさんの場合は、注入した量の90%以上は定着しています。

以前は、脂肪吸引で採取した脂肪を洗浄した後、注入するほうがよいとされていましたが、この理論が全く間違っていたのがわかったのです。脂肪の定着率を上げ、合併症を減らすには、今では、いかに人の手や空気に触れさせないで、注入するかが非常に重要とわかったのです。新しい脂肪吸引器と脂肪を分離する器械のおかげで、現在は脂肪を直接触ることなく、脂肪を注入できるようになりました。
美容外科治療や豊胸治療に詳しい患者様には、「脂肪注入はよくない」という先入観があるようですが、近年の技術革新により、脂肪注入による豊胸は、最もおすすめできる豊胸となりました。
豊胸を希望されているかたで、「体に脂肪吸引をしたい箇所」があるかたは、断然脂肪注入での豊胸をおすすめします。「痩せられて」、しかも、「バストが大きくなる」、本当に一石二鳥の治療なのですから。
このモニターさんは、太ももの内側と太ももの後面から脂肪吸引し、きれいに分離された脂肪だけを片側200㏄、両側合計400㏄注入しました。
もっと大きくしたい場合、さらに脂肪吸引と脂肪注入を重ねることも可能です。
※1回の治療で注入できる量は、元々のバストの大きさに依存し、片側150㏄~250㏄くらいです。

それでは、もう一度、別角度でのビフォーアフターを掲載します。

豊胸前豊胸後

最後に患者様が書いてくださったアンケートです。(クリックで大きくなります)

船橋美容HP「脂肪注入による豊胸」
青山美容HP「脂肪注入による豊胸」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 脂肪注入 豊胸

検索
フィード

ページの上部に戻る