美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 目のクマ

「目のクマ」のキーワード関連記事一覧

フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術のモニター患者様(最終回)

以前のブログで紹介した患者様の続きです。
今回は総括です。
ビフォーアフターを3方向で掲載します。

“アンチエイジング前正面"

上記:ビフォー

“アンチエイジング前後正面"

上記:アフター(フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術後)

“アンチエイジング前左"

上記:ビフォー

“アンチエイジング前後左"

上記:アフター(フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術後)

“アンチエイジング前右"

上記:ビフォー

“アンチエイジング後右"

上記:アフター(フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術後)

50歳代以上のかたで、顔全体の若返り治療で大きな効果を望まれるなら、フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術の組み合わせがベストです。
見違えるように若返りますよ。

船橋美容HP「フェイスリフト手術」
青山美容H「フェイスリフト手術」

船橋美容HP「目の下のたるみ取り手術」
青山美容HP「目の下のたるみ取り手術」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

目の下のタルミ取り手術

先週のブログで紹介した患者様の続きです。

ビフォー
“フェイスリフト前"

アフター
“フェイスリフト後"

今回このモニター患者様が受けた目の下のタルミ取り手術について解説します。
目の下をアップにすると、

ビフォー
“目の下前1"

アフター
“目の下後1"

斜めからも。

ビフォー
“目の下前2"

アフター
“目の下後2"

行った手術は下記のとおりです。
“説明"

このイラストには記されていないですが、皮膚の下の眼輪筋を骨膜に固定することがポイントで、これにより効果が大きく現れ、持続性もでます。

診察時に手術後の傷が心配で手術を受けることをためらうかたがいますが、アフターの写真の通り、傷跡は全く目立ちません。

目の下のクマ・たるみを目立たなくさせる治療はいろいろありますが、皮膚のたるみがある場合は手術が最も良い方法です。

船橋美容HP「目の下のたるみ」
青山美容HP「目の下のたるみ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術のモニター患者様

フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術を当院では受けたモニター患者様が撮影・インタビューにご協力いただけました。

フェイスリフトインタビュー
インタビューの様子

“フェイスリフト記念撮影"
僕との記念撮影

ちなみにこれがビフォー写真
“フェイスリフト前"

フェイスリフトリフト・目の下のタルミ除去手術を受けた手術後はこうなりました。
“フェイスリフト後"

次回より詳細にビフォーアフターを検証するブログ記事を掲載しますね。

当院は若返り専門の美容クリニックです!
船橋美容HP「アンチエジング治療のポイント」
青山美容HP「アンチエジング治療のポイント」
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

目のクマ(目の下のたるみ)

37歳のモニター患者さんの紹介です。
目のクマ(目の下のたるみ)の治療を行いました。
目のクマ・たるみは、理想的な治療としては、クマの原因となっている脂肪を除去した上で、たるんだ皮膚も一緒に切除するのがベストです
下記の手術です(目の下のたるみ取り手術)
目の下のくま説明1
ただ、この手術の場合、ダウンタイムが1~2週間あり、抜糸するまでの1週間も糸が付いたまま生活する必要があるため、毎日会社勤めしている方には現実的には選択が厳しい治療となります。
そこで、ダウンタイムが少なく、皮膚の表面を切開しない、「瞼の裏側からの脂肪除去手術」が現実的な選択肢と好まれます。
目の下のくま説明2
たるんだ皮膚を切除しないため、ベストの治療ではありませんが、脂肪を除去するだけでも見た目はかなり改善しますので、休みがなかなか取れない会社勤めのかたにはおすすめの治療です。
それでは写真の紹介です。
治療前の状態です。
目の下のふくらみ(目の下のクマ)がかなり目立ち、老けている印象です。(37歳女性)
目の下のくま脂肪除去前1
目の下のくま脂肪除去前2
目の下のくま脂肪除去前3

瞼の裏側からの脂肪除去手術(下眼瞼経結膜的脱脂術)の手術後
目の下のくま脂肪除去後1
目の下のくま脂肪除去後2
目の下のくま脂肪除去後3

かなり若返った印象となります。
患者様にも喜んでいただけました。

患者様アンケート
患者様アンケート

船橋美容HP「目のクマ」
青山美容HP「目のクマ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

目の下のたるみ取り手術

先週のブログの続きです。

1つ目の治療としては、目の下のたるみ取り手術を行いました。

目の下のたるみ取り手術前
目の下のたるみ取り手術後

写真上:手術前
写真下:手術後(6か月)

これは、目の下まつ毛の際を切開して、皮膚のたるみを取る手術です。

目の下のたるみ取り手術にはいろんな方法がありますが、方法によっては手術の効果が全く違っています。

1.単純に皮膚だけを切開して縫合するだけの手術がありますが、これだけではあまり効果が出ません。

2.次に皮膚を切開して、目の下の脂肪を切除する方法があります。これは、効果がありますが、たるみが強い場合は持続性がありません。

3.たるみが強い場合は、2の方法に加えて、更に、皮膚の下の筋肉(眼輪筋)を剥離し、眼輪筋を目の際の骨膜に固定します。これによりたるみがしっかり引き上がり、持続性も保てます。

写真のモニターさんはもちろん3番目の方法を行っています。

たるみがしっかり改善していると思いませんか?

船橋美容HP「目の下のたるみ取り手術」
青山美容HP「目の下のたるみ取り手術」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

目の下のたるみ

目の下のたるみ取り手術を受けた患者さんのモニター写真をご紹介します。
目の下のたるみについては、現在はいろんな方法があり、このブログでも、PRP療法やヒアルロン酸注射などの注入による治療を何度かご紹介してきました。
ただ、持続性と効果の大きさという点で、手術に勝る方法は「現在もありません。
手術もいろんな方法があり、治療を選択する際には、迷う要因となっていますが、僕が考える最も効果が大きい手術方法は、皮膚だけではなく、脂肪も切除して、さらに緩んだ皮膚の下の筋膜をしっかり引っ張り上げる方法です。引っ張り上げた筋膜は目の下の骨にしっかり固定しますので、持続性もあります。

目の下のたるみ取り前
目の下のたるみ取り後
写真上:手術前
写真下:目の下のたるみ取り手術の手術後

手術ではこのようにすっきりしますよ!
(モニターさんは、目の上のたるみ手術も同時に受けています)

船橋美容HP「目の下のたるみ」
青山美容HP「目の下のたるみ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

親孝行のアンチエイジング

今回は、実の母親のアンチエイジング治療をご紹介します(^O^)
おこなったのは、多血小板血漿治療(W-PRP、セルリバイブジータ)です。
これは、ご自身の血液を約20cc~40cc採取し、遠心分離などの作業を経て、血小板を濃縮したものをヒアルロン酸など注射に似た状態にして、たるみやくぼみに入れる治療です。
通常のヒアルロン酸は1年くらいしか持ちませんが、この多血小板血漿治療の注射剤は2年くらい持つのがメリットで、しかも仕上がりもヒアルロン酸よりきれいになる印象です。デメリットとしては、ヒアルロン酸と比較して、治療直後は少し腫れる点です。(腫れたとしても通常約1週間で治まりますが)
それでは、症例写真(母親)です。

アンチエイジング前1
71歳女性。治療前の母親。目の下のクマとくぼみが目立ちますね。

アンチエイジング前2
上の写真の赤で印をしたところに多血小板血漿治療を行いました。

アンチエイジング直後
治療直後の写真です。治療効果はすでに出ていますが、少し腫れています。

アンチエイジング後
多血小板血漿治療(W-PRP、セルリバイブジータ)を受けた後、約4か月後です。
腫れはもちろん引いていて、治療効果がばっちりでています!
来週も僕の母親の治療をご紹介します。

船橋美容HP「PRP皮膚再生医療」
青山美容HP「PRP皮膚再生医療」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

総合的な若返り治療(第3回)

総合的な若返り治療の第3回目です。
今回は、目の下のタルミ取り手術について解説します。

この手術でも、手術後の傷跡を気になって手術を躊躇されるかたがいると思いますが、傷跡は、全くわからないくらいきれいに治ります。
手術では、下まぶたのキワを切開しますが、非常に傷跡がきれいに治る場所なのです。

若返り

「傷跡」や「手術前の目の下のふくらみ」に着眼して、ビフォーアフターの写真を見てください。
写真は治療前が58歳で、アフターの写真は治療後6カ月後で、59歳です。

若返り前正面若返り後正面
若返り前サイド若返り後サイド
かなり目元が若返りましたね。

船橋美容HP「目の下のタルミ取り手術」「アンチエジング治療のポイント」
青山美容HP「目の下のタルミ取り手術」「アンチエジング治療のポイント」
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

総合的な若返り治療(第1回)

若返り治療前若返り治療後

上の2枚の写真は、若返り治療のビフォーアフターです。
かなり若がった印象になったと思いませんか?
この患者様は、治療前58歳でした。
アフターの写真は治療後6カ月後で、59歳です。

行った治療は、下記の通りです。
1.フェイスリフト手術頬の脂肪吸引
2.目の下のタルミ取り手術
3.眉間・額・目尻のボトックス注射ヒアルロン酸注射

患者様にもかなり喜んでいただけました。

アンケート

今後のブログで数回にわたり、詳細に各施術について解説していきたいと思います。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

目の下のタルミ取り手術

目の下のタルミ取り手術をした患者さんをご紹介します。
いつも同じような手術紹介ですいません。
それだけこの手術を受けられる方が多いのです。
週に2~3人ぐらい受けていると思います。特に最近はなぜか非常に多いですね。

目の下のたるみ前目の下のたるみ後
写真左:手術前
写真右:目の下のタルミ取り手術後

目の下のタルミは、頬のタルミと同じくらい、若返り治療を希望される方が多い人気の部位です。目の下のタルミ取り手術では、切開するので、約1週間、下まぶたの切開部位に糸が付き、内出血も少し現れます。このため、普段通りに仕事というのは難しいのですが、その1週間さえクリアできれば、見違えるほど、若返り効果があります!
以前はお盆・お正月の長期休暇にこう言ったダウンタイムがある(腫れが引くまで時間がかかるという意味です)手術を受けにお越しになる方が多かったのですが、最近の傾向としては、仕事をなさっている方も、思い切って有給休暇をお取りになって、手術を受けに来られるようです。
それだけ美容外科が皆様の身近になったということでしょうか。クリニックを経営している身としては患者様が増えることは嬉しいことですが、私がやれることは、よりよい医療を提供できるように日々努力することだけです。

美容HP「目の下のたるみ」もご参照ください。

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 目のクマ

検索
フィード

ページの上部に戻る