美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 永久脱毛

「永久脱毛」のキーワード関連記事一覧

エステ脱毛の超営利主義、今も昔もかわらず

エステ脱毛の運営会社にまた業務停止命令のニュースが最近ありました。
今年に入ってからだけでももう3件以上だと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000059-asahi-soci
下記にも転載しておきます。
———————————
脱毛エステの会員勧誘広告の内容が誇大なうえ、解約した会員への返金を拒んで特定商取引法に違反したとして、消費者庁は24日、脱毛エステ店「エターナル・ラビリンス」を全国展開する「グロワール・ブリエ東京」(東京都港区)に対し、新規の会員勧誘や契約を25日から9カ月間禁止する業務停止命令を出した。

同社は有名タレントを起用したCMで知られる脱毛エステ店を全国で約70店舗展開している。

消費者庁は、同社がスマホ向けサイトに、月額9500円で脱毛を受けられるような広告を載せて勧誘し、実際には17万円を超えるコースなどを契約させていた、と指摘。また従業員や機器が足りないのに、「間違いなく予約が取れます」などと事実と異なる説明をしたり、中途解約した会員への返金を拒んだりしたなどの違反もあったとしている。

同社の脱毛エステについては「予約が取れない」「返金されない」などの相談が2012年度以降、全国の消費生活センターに500件以上、寄せられたという。同社は取材に対し、「担当の者から回答させる」としている。
————————————-
以上、「朝日新聞デジタル 8月24日(水)19時56分配信」の転載です。
上記記事にある有名タレントとは山ピーのことですね。
これが、同社のホームページ画像です。

エタラビ

エステの過剰な勧誘による営業スタイルは、今も昔も変わりません。
莫大の広告費をかけて、「1回数百円で脱毛」と宣伝し、安さを売りに集客します。
常識的に考えて客単価が数百円であれば、全国ネットで派手なCMができるわけもありません。その裏には超がつく営業トークをして、結果的に客単価を数十万レベルまで引き上げます。また、エステサロンでは、そもそも永久脱毛は、医療法で許可されていませんので、効果は一時的です。
(※出力が高い「脱毛ができる」機器を使用して、逮捕されているエステサロン経営者もよくニュースになっていますね。
永久脱毛をできるのはそもそも医療機関しかありえないのです。)

一方で、医療機関は医療法で広告がかなり規制されております。
医療機関の広告規制を統括しているのは厚労省ですが、この広告規制のために医療機関は脱毛に関して正しい情報を消費者に届けられないのが現況です。
具体的に書きますと、ネット広告でもエステサロンは金額表示を許されていますが、当院を含む医療機関は金額表示ができません。これは医療機関のネット広告が医療法で規制されているからです。消費者は一般的に金額表示していない広告には見向きもしません。
これが現状で、永久脱毛を考えている多くの消費者は、医療機関に問い合わせることなく、エステサロンに出向くわけです。
そしてその消費者はエステサロンで過剰な営業を受け、(一概には言えませんが、)消費者センターに駆け込み、被害者になるわけです。
一方で被害者を出すような倫理観を持たない経営者というのは、いくら取り締まっても、後を絶ちません。エステサロンが業務停止になったり、経営者が逮捕されたりしている事実は今も昔も変わらないのです。
法律を立案するのは、警察の仕事ではありませんが、国の機関でこれについて真剣に考えているところはあるのでしょうか?
このエステサロン過剰営業による被害者問題の要因はいくつかあります。
1. 厚労省が医療機関だけに広告規制している悪法
※医療機関もエステサロンと同様な広告ができれば、消費者は医療機関に流れ、悪徳なエステは駆逐されます。

2. 医療まがいなことをやっているのに、エステサロンを統括しているのは経産省
※エステで高出力機器による脱毛で火傷を負う健康被害にあっても、保健所(厚労省管轄)は応対してくれません。「警察に行ってください」というだけです。

3. エステサロン団体は莫大な政治資金で、自分たちに不利な法律をできることを阻止している
※そもそも火傷を負うかもしれない機器を使って、医療従事者でもない素人によって脱毛行為ができること自体がおかしいと思いませんか?でもそれを規制する法律ができないのは、政治的にそんな法律できないようにしているからです。

4. 日本の警察は目の前にある事象が法律違反かどうかのみ検討するだけで、その根本的な原因を考えることはしません。

この問題は警察、厚労省、経産省が一緒になって取り組まないといけない問題ですが、日本の縦割りの行政機関にそんなことを期待しても無駄でしょうね。
そこで、現状を少しでも知ってもらいたくて、長文になりましたが、このブログを書きました。
医療機関による正しい永久脱毛の情報が消費者に行き渡ること日がいつか来ることを切に願いします。

 

元神賢太

夏に向けてレーザー脱毛

この時期に急激に来院数が増えるのは、脱毛希望の患者様です。
脱毛の方法にはいろいろな方法がありますが、最も良い方法は医療レーザー脱毛ということは断言できます。
自己処理だと、剃刀負けして皮膚に炎症を起こしたりして、シミの跡が残ることがよくあります(特にひざ下のすねのあたり)。
エステサロンでの施術は、減毛効果があっても、永久脱毛されることはありません。また、エステサロンでは、通院回数が非常に多くなるのもデメリットです(通常20回~30回)。
当院の医療レーザー脱毛では、6回程度で多くの患者様が永久脱毛を実感できております。通院の間隔は1か月以上開ける必要がありますので、夏に向けて脱毛を検討されるかたは、早めに治療を開始されることをおすすめします。

脱毛
当院でレーザー脱毛を受けている患者様の膝下

船橋美容HP「脱毛専用HP」
青山美容HP「脱毛専用HP」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

髭脱毛を受けてみました!

今まで何百人のかたに脱毛治療を人に勧めてきましたが、実は、自分で受けたことがありませんでした^_^;
それは、あまりヒゲか濃くはないという理由ですが、患者さんの立場で受けたら、どんな感じなのか味わうためにひげ脱毛を受けてみました。
こちらが、ひげの脱毛治療の全行程(約5分)です。

感想も動画でアップしてみました。

痛みは輪ゴムで弾かれている程度の痛みです。
ひげ脱毛の場合、2週間~1か月程度の間隔で、6回受けていただけると、かなり脱毛されたことを実感できます。
ひげが濃くて1日2回くらい剃らないと青くなる場合などは、レーザー脱毛を受けることで、時間と手間の削減になるので、是非ご検討ください。

船橋美容HP「男性脱毛専用サイト」
青山美容HP「男性脱毛専用サイト」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック

医療レーザー脱毛による永久脱毛の実際

「医療レーザー脱毛が実際どのように行われるのか?」という質問をよく受けていましたので、簡素なものですが、動画をアップしました。

これで片方のワキの施術1回分です。治療時間は1分程度です。
これを両ワキ行うので、両ワキ合わせて2,3分程度です。
いかにスピードが早いかおわかりいただけると思います。
冷風を送りながら照射していますので、痛みもほとんどありません

レーザー
注意点としては、必ず、治療前に照射部位の剃毛をお願いしております。

永久脱毛が完了すれば、剃毛や毛抜きから解放されます。
剃毛や毛抜きは肌のダメージを与え、色素沈着などのシミやニキビの原因となります。
肌にとってもいい医療レーザーによる永久脱毛を是非ご検討ください。
ワキの永久脱毛には、通常6回の照射が必要になります。
照射間隔は1カ月程度です。

船橋美容HP「脱毛専用HP」
(男性はこちら)
青山美容HP「脱毛専用HP」もご参照ください。
(男性はこちら)

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

男もワキ脱毛?

まず、下記写真を見てください。
ロナウド

今を時めくクリスティアーノ・ロナウドです。
男から見ても、超一流だし、別格にかっこいいですね。
この筋肉もいい感じですね、昔の僕には負けますが。
うそです、すいません(+_+)
これは、アルマーニの下着の宣伝用の画像ですが、このポスターを街角で見てから、ずっと気になっていたことがありました。
それは、わきの毛がないことです。
しょうもないことを申し上げてすいません。
ただ、医療レーザー脱毛の専門家としては、見過ごすわけにもいかず、ずっと気になっていて、ついに今回のブログネタになりました。
海外では、脇の毛や陰部の毛の脱毛を男でも、当たり前のようにやっているといつか見た深夜番組で言っていましたが、本当なのでしょうか?
もし本当の実状を知っている方がいらっしゃれば教えてください。
日本の男性も、ひげや胸毛、陰部の毛の脱毛をされる方がいますし、当院でも行っています。
ただ、わきの毛を完全に脱毛したいというご相談は当院でも一度も受けたことがありません。
(わきの毛量を減らすご相談はあります)
このポスターを見て、「医療レーザー脱毛で完全にわきの毛を永久脱毛した日本で最初の医師」として、僕自らがやって、
男性のワキ脱毛の日本の第一人者になってやろうと一瞬不埒な考えが頭をよぎりましたが、世間に笑われるのがオチなので、止めました。
しょうもないことばかり言っていてすいません。^_^;
クリスティアーノ・ロナウドのように、いつか日本男児もワキの毛の手入れをする日が来るのでしょうか!?

男性の脱毛についてはこちら
女性の脱毛についてはこちらもご参照ください。

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

エステサロン&自己処理と医療レーザー脱毛の違い(第2回)

前回に引き続き、医療レーザー脱毛についてです。
医療レーザー脱毛以外の無駄毛の処理についてそれぞれの弊害にについて記述します。

■毛抜きやワックスによる自己処理
毛根周囲の皮膚にダメージを与えるため、毛根に炎症が起こり、色素沈着が起こることがあります。膝下の自己処理後に起こりやすく、今まで自己処理後に皮膚にポツポツと茶色の点々ができた場合はこれに当たります。

■カミソリによる自己処理
丁寧にうまくやるコツが身につけば、皮膚に与えるダメージも少ない方法ですが、すぐ毛が生えてくるので、頻繁にやる必要があります。また、アトピー性皮膚炎のかた、皮膚が弱い方はカミソリ負けしてしまい、そこに炎症性色素沈着を起こすことがよくあります。

■エステサロンでの脱毛

最もおすすめしません。エステの脱毛は、針脱毛だったり、光脱毛だったりします。前者は毛根を1本ずつ処理する方法で、痛みがかなり強いです。後者は、痛みは軽減しているようですが、1回あたりの効果が非常に弱いのです。また、両者とも、1回の効果が弱くかなりの通院回数が必要です。通常脱毛されるまで、2年以上かかります。また、永久脱毛(*)ではないので、また毛が生えてきます。安さに引かれて、エステで受けるかたが多いようですが、その通院にかかる時間と結局永久脱毛されないという無駄も考えてみてください。(*)エステで永久脱毛はできません。永久脱毛は医療行為にあたり、医師法第17条によって医療機関でしか行うことはできません。エステでの認められている脱毛行為は、「発毛を遅らせる行為」だけです。また医師法に違反して、医療機関用の器械を使っているエステもあるようですが、火傷などのトラブルを起こしたり、医師法違反で逮捕されたりしています。

脇脱毛

以上、別に無駄毛の処理を自分でやっていて、何もトラブルがないかたには全く興味のないことだと思います。ただ、上記に書いたようなトラブルを経験された方は、医療レーザー脱毛をおすすめします。すごく楽に永久脱毛されますよ。

脱毛専門サイトもご参照ください。
男性の方はこちらです。

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

なぜ医療レーザー脱毛が選ばれるのか?(第1回)

今回は宣伝です。すいません。
医療レーザー脱毛についてです。
脱毛

船橋中央クリニックでは、宣伝するまでもなく、脱毛希望で来院される患者さんが最近非常に多いのが現状です。
安くて、効果がめちゃくちゃあるので、一度受けて効果がわかった患者様が次々と新しい部位を希望されるため(例えば、脇を受けた後にひざ下を希望)、患者様が雪だるま式に増えていく状態です。
船橋中央クリニックのレーザー脱毛がいいのは、僕の腕がいいからでは決してありません。レーザー機が最新だからです。レーザー機で使用しているアレキサンダーライトレーザー自体は十数年前からあるものなので、レーザー脱毛自体は昔から効果があったのですが、昔の機械は出力(パワー)が弱く、照射スピードも遅いものでした。さらに、痛みも強かったのでした。このため、脱毛を受ける患者様は、1回あたり長い時間をかけて、痛みに耐えながら、かなりの回数の通院が必要でした。今では、レーザー機は改良され、痛みも少なく、パワーも強く、スピードも速いのです。こんなにいいこと尽くしなので、当然医療レーザー脱毛の良さを知ったかたは、病みつきになります。
女性の脇でしたら、6回照射すればほぼ永久脱毛されてしまいます。治療時間はたったの5分です。正直、無駄毛を気にされている世の女性たちがどうして医療レーザー脱毛を受けないで、ご自宅で自己処理をされたり、エステとかに行くのか不思議なくらいです。それとも、僕ら医療側のPRが不足しているからなのでしょうか?

第2回に続く。

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

医療レーザー脱毛については脱毛専門サイト
男性の方はこちら
もご覧下さい。

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 永久脱毛

検索
フィード

ページの上部に戻る