美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 後天性真皮メラノサイトーシス

「後天性真皮メラノサイトーシス」のキーワード関連記事一覧

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)もレーザー治療で消せます!

シミの正しい診断を行っている美容皮膚科医が少ない気がします。
間違った治療方法やレーザーを医師が選択することで、消せる・治せるシミもなかなか良くなりません。今回ご紹介するミADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というシミもよく誤診されるシミです。
ADMは正しい波長で正しいレーザーを照射すれば確実に薄くなります。
それでは、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)のモニター写真をご紹介します。

adm治療前

治療前の状態です。
このように灰色がかっているのがADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の特徴です。

adm治療後
Qスイッチヤグレーザー1064nmにて1回治療後
治療後はかなり薄くなっているのがわかると思います。
ADMの場合、完全な除去のためには、通常2~3回程度の治療が必要です。

最後に上記モニター患者さんに記入していただいたアンケートです。
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療アンケート

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療については
船橋美容HP「シミ治療のポイント」
青山美容HP「シミ治療のポイント」
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療例

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というシミがあります。
これは、遅発性太田母斑とも言われているシミで、アザの一種とも言えます。
「普通のシミ(老人性色素斑)」や「肝斑」に間違われて診断・治療されることが多く、他のクリニックでレーザー治療を受けても良くならなかったという相談を受けることがあります。

シミの治療は適切な診断が最も大事で、間違った診断は間違った治療法につながり、「何度治療してもよくならない」、「治療したら、余計にシミが濃くなった」という事態を引き起こします。
もう一つ大事なことは、その医療機関に適切な医療機器があるかということです。
常に患者様にとってベストの治療をまず提案するのが、臨床医として最も大事だと考えていますが、他のクリニックでは実際はそうではないと思える例がしばしばあるようです。
身近な例で言いますと、局所的な老人性色素斑に対して、フォトフェイシャルに代表されるIPL治療をすすめるクリニックです。老人性色素斑は適切なレーザー(Qスイッチヤグレーザー532nm)で適切な照射を行いますと、ほぼ1回で除去できます。これをIPL治療で行いますと、5回以上はかかります。もちろんIPL治療のメリットもありますし、Qスイッチヤグレーザーのデメリットもありますが、大事なのはまずベストな治療としてQスイッチヤグレーザーという治療方法があることを患者様に提案することです。Qスイッチヤグレーザーは非常に高価な医療機器であるために、設備しているクリニックが少なく、設備していないクリニックがIPL治療をすすめている気がしてならないのです。

少々話が逸れてしまいましたが、シミの治療に大事なのは、適切な診断と適切な治療なのです。

それでは、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)のモニター写真をご紹介します。

ADM治療前

治療前の状態です。
普通のシミ(老人性色素斑)と比較して、茶色ではなく、灰色がかっているのがADMの特徴です。

ADM治療後

Qスイッチヤグレーザー1064nmにて1回治療後
治療後はかなり薄くなっているのがわかると思います。ADMの場合、完全な除去のためには、通常3回程度の治療が必要です。

シミの治療については
船橋美容HP「シミ治療のポイント」
青山美容HP「シミ治療のポイント」
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 後天性真皮メラノサイトーシス

検索
フィード

ページの上部に戻る