美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 太もも 脂肪吸引

「太もも 脂肪吸引」のキーワード関連記事一覧

ヒップ・太ももの脂肪吸引

今回は大量の脂肪吸引した太ももとヒップのモニター患者様のご紹介です。

“脂肪吸引治療前"
治療前

“脂肪吸引"
吸引した脂肪。4500㏄。

こんなに脂肪吸引することは正直あまりないです。
大量脂肪吸引は皮膚のタルミの原因となるので、あまりおこなわないのです。
この患者様は、「なるべく吸引してください」という要望が強く、ぎりぎりの線を攻めました。

“脂肪吸引後"
治療後6か月

皮膚のタルミも出ず、結果良かったです。

患者様にもすごく喜んでいただけました。
以下、患者のアンケートです。

“患者様アンケート"

「40代 女性
手術内容:脂肪吸引
吸引時67kg→半年後47kg サイズ15号→9号

こちらの病院は吸引手術が全身麻酔な所、日帰り入院ということで選びました。
手術そのもの退院まで6時間くらいだったと思います。はじめ1ヶ月くらいは
「そのうち引き締まる」とい先生の意味がわからず不安でしたが、1ヶ月半くらいから
だんだんしまってきました。そうなると嬉しくて運動して運動してダイエットもしました。
吸引後脂っこいものがきらいになり、汗をかきやすくなるという何気ない体質改善がありました。
心配していた皮膚のたるみも全くなく手術後の傷も目立たなく安心しています。
どんなに痩せた時も足とお腹のぽっちゃりは残っていたのですが、吸引のおかげで今は嬉しいです。
ぜひこの病院を選んでくださるといいと思います。よかったです!!」

船橋美容HP「ボディジェット脂肪吸引」
青山美容HP「脂肪吸引」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

40代の脂肪吸引(第2回)

「前々回のブログ」でご紹介したモニターさんは、同時に太ももの脂肪吸引も受けていました。
太ももの脂肪吸引は、太ももの内側・外側・前面・後面と膝の内側・前面の6カ所の分かれていて、この全てを脂肪吸引するのが理想的です。ただ、このモニターさんは、おなかの脂肪吸引と同様、ご予算の関係で、太ももの内側と膝上の2カ所のみの脂肪吸引を行いました。

太もも脂肪吸引前1太もも脂肪吸引後1
太もも脂肪吸引前2太もも脂肪吸引後2
写真左:脂肪吸引前
写真右:太ももの内側と膝上の脂肪吸引後

2カ所だけの脂肪吸引でも、患者さんにはご満足していただけました。股の間がすっきりして、「股ずれ」が起こらなくなったと喜んでいました。

船橋中央クリニックでは、今なら最新の脂肪吸引「ボディジェット」がキャンペーン中です。
上記モニターのように、太ももの2カ所の脂肪吸引の場合、551,250円(税込)です。
詳細は「こちら」をご参照くださいね!

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

夏前に脂肪吸引!(太もも編)

暖かくなって、夏の到来を感じ始める季節になりましたね。
薄着になると、特に気になるのが体型だと思います。
これは僕も同じです^_^;
ダイエットして間に合わせるのはなかなかたいへんですが、今回ご紹介する脂肪吸引なら、手っとり早く痩せることも可能ですよ。

太もも脂肪吸引前 太もも脂肪吸引後
写真左:太もも脂肪吸引前
写真右:太もも、膝上の脂肪吸引後
※ダイエットはしていません。ふくらはぎは変わっていない点からもダイエットは行っていないことがわかると思います。

毎年7月頃に「この夏に海に行くからその前に脂肪吸引して痩せたい」といったご相談が来るのですが、7月では手遅れです。というにも、脂肪吸引手術後のダウンタイムは長いからです。ダウンタイムとは、手術後の腫れが完全に引いて、万全の状態、完成した状態になるまでの期間です。脂肪吸引の場合は、この期間が長くて2~3カ月くらいかかります。ですので、夏の海のためにやるなら、今がやり時なのです。
※お腹の脂肪吸引と比較して、太ももの脂肪吸引のダウンタイムは特に長いです。お腹の場合は1~2カ月くらいです。
早く理想的なプロポーションを手に入れたい方は、是非脂肪吸引をご検討ください!

美容HP「脂肪吸引」
もご参照ください。

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 太もも 脂肪吸引

検索
フィード

ページの上部に戻る