美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 下まぶたの逆さまつ毛

「下まぶたの逆さまつ毛」のキーワード関連記事一覧

下まつ毛の逆さまつ毛治療

  • 2016-05-03 (火)

まつ毛が生える方向は通常目の外側方向なのですが、逆さまつ毛とは目の内側方向にまつ毛が生える状態です。医学用語では睫毛内反症(しょうもうないたんしょう)と言います。上まぶたの逆さまつ毛の場合、少し狭めの二重まぶたを作ることで治療できます。今回は、下まぶたの逆さまつ毛治療についてご紹介します(下眼瞼睫毛内反治療)。
下眼瞼睫毛内反症の場合は、上眼瞼と違って、皮膚を切開する必要があります。下まつ毛の生え際に沿って皮膚を切開します。この切開は、ちょうど下まぶたのたるみ治療の場合の切開線と同じです。皮膚と眼輪筋をわずかに切除し、瞼板(けんばん)に到達します。この瞼板と皮下組織を縫合し、まつ毛の方向が外側になるように矯正します。あとは、皮膚を縫合して手術が終了します。手術時間は両目で1時間弱です。目頭側の内反が強い場合は、合わせて目頭切開手術も行うこともあります。
それでは、僕が行った下眼瞼睫毛内反治療のモニター患者さんのビフォーアフターをご紹介します。

“逆さまつげ治療前右"

上記:治療前(下まつ毛が上方向に生えている)

“逆さまつげ治療後右"

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後

“逆さまつげ治療前左"

上記:治療前(下まつ毛が上方向に生えている)

“逆さまつげ治療後左"

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後
治療後では下まつ毛が外側方向を向いており、内反が治っています。

ちなみに手術直後はこのような状態です。

“逆さまつげ治療直後"

上記:下眼瞼睫毛内反治療直後の状態です。

“逆さまつげ治療後"

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後
傷跡は目立ちませんのでご安心ください。

最後にモニター患者様のアンケートです。
“逆さまつげ患者様アンケート"

「女性 20代
手術内容:下まつげの逆さまつげの治療
カウンセリングから術後まで、元神先生が経過を見て下さり、安心しました。術後まつげが元に戻ることもなく、手術後もほとんど目立ってないので手術してよかったです。」

以上、今回は下まぶたの逆さまつ毛治療(下眼瞼睫毛内反治療)についてでした。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > 下まぶたの逆さまつ毛

検索
フィード

ページの上部に戻る