美容整形外科ブログトップページ > キーワード > ピーリング

「ピーリング」のキーワード関連記事一覧

背中のにきび

背中のにきびで悩まれている女性は非常に多いです。顔と違って、知らない間に悪化している場合が多く、かなり悪化してから来院される方が多いのも背中のニキビの特徴です。悪化して炎症が強く現われた後ですと、シミ(炎症性色素沈着)になってしまいますので、その前に、是非専門の医療機関にご相談ください。
背中のニキビも顔のニキビ同じで方法で治療ができます。軟骨療法(ディフェリン軟膏)とケミカルピーリング・ビタミンイオン導入を併用します。ケミカルピーリングは1~2週間に1回の割合で受けていただきますと、確実にニキビの減少を実感できます。

背中のにきび
写真:背中のケミカルピーリングとビタミンイオン導入を受けているところ

ケミカルピーリングの最中は、少し背中がヒリヒリしますが、5分程度で終了します。ピーリング後は、イオン導入と保湿をしっかり行います。施術後の日常生活(飲酒・入浴)に制限はありません。

美容HP「ケミカルピーリング」もご参照ください

千葉の美容整形外科 船橋中央クリニック 元神賢太

にきび肌から美肌に!(ケミカルピーリング)

にきび肌で悩んでいる方は多いと思います。当院で行っているにきび治療は次の通りです。
1.ケミカルピーリング
ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤で、肌の角質を取り除き、ニキビ菌を殺菌する治療です。
2.ビタミンイオン導入
肌の殺菌作用を高めます。また、皮膚細胞を活性化させることにより、肌の保湿が良くなり、美白効果をもあります。
3.内服薬と外用薬
ニキビ菌に対する抗生剤です。
通常上記1と2を行い、炎症が強い場合は3も併用します。

ケミカルピーリング1 ケミカルピーリング4

ケミカルピーリング2 ケミカルピーリング5

ケミカルピーリング3 ケミカルピーリング6

写真左側3枚:施術前
写真右側3枚:ケミカルピーリングとビタミンイオン導入を5回行ったあと。

きれいになったと思います。通常ケミカルピーリングは1~2週間に1回行い、5回を1クールとしております。

船橋美容HP「ケミカルピーリング」
青山美容HP「ケミカルピーリング」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > ピーリング

検索
フィード

ページの上部に戻る