美容整形外科ブログトップページ > キーワード > アドワーズ強制停止

「アドワーズ強制停止」のキーワード関連記事一覧

グーグル・アドワーズでアカウントが強制停止になった方々へ

タイトルを読んで、何のことかわからない方々が大半だと思います。
今回のブログは、タイトルの通り、グーグルのアドワーズ広告に出稿している事業主に対して書いたブログ記事ですので、そうでない大半の読者の方々は読み飛ばしてくださいね。
すいません。

アドワーズ広告に出していて、ある日突然アカウントガ強制停止になった事業主さんへ

いきなり「重大な違反をしている」、「adwordsアドワーズのポリシーに違反している」、「幾度か注意したが従わなかったあなたが悪い」、「人間失格」のようなレッテルを貼られて深く傷ついたことと思います。私もそうでした。
グーグル・アドワーズのヘルプフォームに助けを求めても、自動返信のように同じ「あなたのアカウントは重大違反をしているからもうメールをしないでください!」と言うような冷たい返事しかこなかったと思います。

アドワーズ 強制停止 再開
上記:強制停止中のアカウントの様子

私は、ネット上の噂で、アドワーズ広告掲載のポリシー違反のため、不可能とされているこのアカウントの強制停止後の再開(復帰)が実現したので、その過程などをできるだけ詳細に書き記したいと思います。同じく、アドワーズのアカウントが強制停止になった方々の参考になれば幸いです。

1.アドワーズの電話番号などはどこを探してもないので、まずヘルプフォームに入る。
2.「苦情」に関するヘルプフォームがあるので、そこに「苦情として、アカウント停止の理由がわからない」ことを詳細に書く。
http://adwords.google.com/support/aw/bin/request.py?contact_type=aw_complaint
「苦情」であることがポイントで、それ以外のヘルプフォームでは、自動返信されたかような冷たいメールしかおそらく帰ってきません。
3.苦情として返信されてきたメールに対して、返信することは可能で、意外としっかり応対してくれる。このメールのやり取りで、まず自分のどこが違反していたのか、徹底的に訊いてください。
4.メールだけでは、らちが明かない場合に限って、実はアドワーズにはお客様窓口の電話番号が存在します。この電話番号を3.のメールのやり取りで訊きだす。または、「実は、お客様窓口の電話番号があると訊いたのですが、○×の理由で、直接責任者と話したいので、電話番号を教えてください」とメールして電話番号を訊き出す。この電話番号を訊き出すのが一番苦労するかもしれませんが、ここは何とか自力で頑張ってください。
5.どうしても教えてくれない場合は、司法書士・弁護士による内容証明を送るなどの法的手段の手を打ってもよいと思います。
「グーグルではなく、もっと小さいサービスを提供している事業者がこのような過程で、利用者の強制停止をするならまだ理解できるが、グーグルは、そうではなく、極めて大規模に事業を展開している事業者であり、公共性を保つ必要がある。ガス・水道のような公共性があるはずなので、一方的にこのような過程で利用者を排除するのは、世論的に理解が得られない。また、そのような大規模に事業を展開している事業者の立場としては、説明を十分果たしていない、説明義務違反の可能性がある」と言った内容で、担当者と直接面談あるいは、電話で話す権利を要求してもよいと思います。
6.私は、5を行わずに済みましたが、電話すると、やっと普通のサービス業の電話相談ができます。
7.強制停止になったこちらの言いわけや、強制停止に至るまでのアドワーズ側の強引な過程をちょっと批判しつつ、丁寧に、悪意があって違反したわけではないことを強調して、アドワーズの再開をお願いする。
8.私の場合、強制停止になる前の最終警告を十分理解していなかったという理由で、アカウントが再開となりました。この過程で、もちろんアカウントのキャンペーンの修正・削除は必要でしたが。電話してから5日後の再開でした。強制停止になってから、丁度2週間でした。

以上ですが、参考になりましたか?

ちなみに私は、ホームページに女性のバストの写真が掲載され、リンク先に申請したことが理由で、強制停止になりました。
悪意がなければ、何とかなるのではないか、というのが率直な感想です。

アドワーズから人間失格、強制退場のような仕打ちを受けて、深く傷ついていることと思います。
が、再開することも不可能ではないので、粘り強く頑張ってください。
このブログ記事が役に立ち、1人でも多くのかたが、アドワーズの強制停止からアカウントの再開・復帰を果たすことができれば、幸いです。

船橋中央クリニック 元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > アドワーズ強制停止

検索
フィード

ページの上部に戻る