美容整形外科ブログトップページ > キーワード > けつ顎

「けつ顎」のキーワード関連記事一覧

『ケツ顎』の修正

『ケツ顎』とは、割れ顎、ケツ顎、尻顎と一般的に言われているアゴに窪みがある状態のことです。英語ではcleft chin, dimple chin, bum chinと呼ばれています。特に欧米人に多くて、ハリウッドスターのマイケル・ダグラス、ジョン・トラボルタなどは、顎が割れているおかげで、より魅力が増している気がします。

michaeljhon
写真:マイケル・ダグラスとジョン・トラボルタ。お二人ともきれいな『割れアゴ』ですね

『ケツ顎』を作ってほしいという希望はたまにありますが、これはそういう形状の
プロテーゼを挿入することで作ることができます。

今回のご紹介する写真は、その逆で、『ケツ顎』を治してほしいという相談でした。『ケツ顎』自体は、骨格の形状によるものですが、骨を削ってもきれいに治すことはできません。というのも、窪んでいる部位は非常に皮下脂肪が少なく、骨だけ削っても窪みは残ってしまいます。また、今回の患者さんのように顎が大きくない場合は、骨削りをした場合、顎が小さくなりバランスが悪くなります。
この患者さんの場合は、骨の形状に合わせたプロテーゼを挿入することで『ケツ顎』を治しました。

割れ顎1割れ顎2割れ顎3
顎プロテーゼ1顎プロテーゼ2顎プロテーゼ3

写真上段:治療前に『割れ顎』の状態(プロテーゼ挿入前)
写真下段:プロテーゼ挿入手術4カ月後

完全に治すことはできませんが、かなり『ケツ顎』改善させることができました。
また、元々、顎が少し足りない状態でしたが、プロテーゼの挿入によりこれも同時に解消されました。
患者さんにもご満足していただけました。

船橋美容HP「あごプロテーゼ」
青山美容HP「あごプロテーゼ」
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > キーワード > けつ顎

検索
フィード

ページの上部に戻る