美容整形外科ブログトップページ >

「目」 のカテゴリー記事一覧

二重埋没法の跡がまぶたに残るか?

切開せずにまぶたの皮膚の表側と裏側の結膜を糸で縫合することで、二重まぶたを完成させる手術方法を「二重まぶた埋没法」または、単に「埋没法」と言われています。一方で、瞼を切開して二重まぶたを完成させる方法を「二重まぶた切開法」または「切開法」と言います。

私の考えとしては、基本的に二重まぶたは切開法ではなく、埋没法で作るべきだと考えています。埋没法のほうがより自然なラインになるからです。埋没法は、確かに「糸が外れて元に戻ってしまう」可能性がゼロではありませんが、私が行っている方法では、ほとんど外れることはありません。

また、埋没法がまぶたの跡が残るから治療したことが「バレる」などと言われることもありますが、私の行う埋没法ではそういう跡は残りません。

それでは、二重まぶた埋没法とまぶたの脂肪除去(脱脂)を受けたモニター患者様をご紹介します。

 

二重まぶた治療前

治療前

 

二重まぶた脂肪除去

治療途中、脂肪除去を行なっている過程

 

二重まぶた治療後

 

二重まぶた埋没法と脂肪除去手術後6か月(メイクなし)

 

二重まぶた治療後 閉眼

 

同じく手術後6か月で、目をつぶった状態(メイクなし)

糸の跡などの全く跡はなく、自然な二重のラインになっています。

 

二重まぶた治療後メイク

 

メイクをした状態

やはり女性はメイクをすると美しさが倍増しますね(笑)

 

「埋没法は、目をつぶるとバレる」とネット上では事実と異なる情報が散見されることから、今回は決してそうではないという反論の記事を書きました。

もちろん「下手な手術結果では、バレます」(笑)。

私が行う埋没法は、「自然でバレない二重まぶたになります」ということだけ強調いたしますね。

 

最後に上記モニター患者さまが書いてくださったアンケートです。

凄く満足していただけたようで、私もうれしいです。

X様(20代 女性 東京都)

1、(施術を受けた理由)これまで何年間もずっと、アイプチやアイテープを使用していた。不自然だったり時間もかかるし肌が荒れるのがいやだったので、思い切って埋没法をやろうと思った。

2、(クリニックを選んだ理由)ネット検索で「埋没法」を調べていろんなクリニックを見たが、一番説明がしっかりしているし信頼できそうと思ったから。。

3、(説明を受けた感想)自分に合った施術をすすめてくれた。自分一人だけでは全くわからないものなので、親身に相談にのってくださって助かりました。

4、(施術の内容、痛み、時間)埋没2点マイクロカットと脂肪除去。時間はあっという間だったと思う。痛かった。というよりも怖さがすごかった。

5、(施術当日の様子)カウンセリング予約の当日に、こわかったがすぐやってしまいたいと思い、その日のうちに施術しそのまま帰宅。とにかく流れが早かった。

6、(施術後の経過)施術直後は腫れと内出血がすごくて、外には出られなかった。3日後から化粧とめがねでカバーしてどうにか過ごした。2週間しないくらいには腫れはほぼなくなり、困ることも特にはなくなった。

7、(アフターケアの内容と感想)施術後の様子を軽く診てもらった。とにかくあっさり終わった。

8、(施術結果に関する感想)出来上がりがとにかくきれい。傷跡が一切残っていない。家族にも全く気付かれていない。驚くほど。

9、(メッセージ)カウンセリングがとにかく丁寧で、すごく嬉しかった。施術のことのほか、支払いに関してもすごく助かりました。

アンケート_012

 

船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

 

下まつ毛の逆さまつ毛治療

  • 2016-05-03 (火)

まつ毛が生える方向は通常目の外側方向なのですが、逆さまつ毛とは目の内側方向にまつ毛が生える状態です。医学用語では睫毛内反症(しょうもうないたんしょう)と言います。上まぶたの逆さまつ毛の場合、少し狭めの二重まぶたを作ることで治療できます。今回は、下まぶたの逆さまつ毛治療についてご紹介します(下眼瞼睫毛内反治療)。
下眼瞼睫毛内反症の場合は、上眼瞼と違って、皮膚を切開する必要があります。下まつ毛の生え際に沿って皮膚を切開します。この切開は、ちょうど下まぶたのたるみ治療の場合の切開線と同じです。皮膚と眼輪筋をわずかに切除し、瞼板(けんばん)に到達します。この瞼板と皮下組織を縫合し、まつ毛の方向が外側になるように矯正します。あとは、皮膚を縫合して手術が終了します。手術時間は両目で1時間弱です。目頭側の内反が強い場合は、合わせて目頭切開手術も行うこともあります。
それでは、僕が行った下眼瞼睫毛内反治療のモニター患者さんのビフォーアフターをご紹介します。

“逆さまつげ治療前右"

上記:治療前(下まつ毛が上方向に生えている)

“逆さまつげ治療後右"

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後

“逆さまつげ治療前左"

上記:治療前(下まつ毛が上方向に生えている)

“逆さまつげ治療後左"

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後
治療後では下まつ毛が外側方向を向いており、内反が治っています。

ちなみに手術直後はこのような状態です。

“逆さまつげ治療直後"

上記:下眼瞼睫毛内反治療直後の状態です。

“逆さまつげ治療後"

上記:下まぶたの逆さまつ毛治療6か月後
傷跡は目立ちませんのでご安心ください。

最後にモニター患者様のアンケートです。
“逆さまつげ患者様アンケート"

「女性 20代
手術内容:下まつげの逆さまつげの治療
カウンセリングから術後まで、元神先生が経過を見て下さり、安心しました。術後まつげが元に戻ることもなく、手術後もほとんど目立ってないので手術してよかったです。」

以上、今回は下まぶたの逆さまつ毛治療(下眼瞼睫毛内反治療)についてでした。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

二重手術の第一選択は埋没法です!

他院で二重治療のカウンセリングを受けた際に「希望される二重の形だと埋没法は無理で切開するしかない」と言われた患者様が時々当院に来院されます。
僕としては「タルミや眼瞼下垂症状がない瞼で、埋没法で作れない二重はない」というのが基本方針です。
なので、他院で埋没法を断られた患者様も第一選択として埋没法をおすすめしております。
経験上、タルミや眼瞼下垂症状がない瞼では、埋没法で作れない二重はありません。
それでは二重まぶた埋没法で治療を受けたモニターをご紹介します。

“二重埋没法施述前"

上記手術前の状態です。アイプチの影響で少し瞼の皮膚が荒れています。

“二重埋没法施述後"

上記手術後3か月の状態です。

自然な二重まぶたになっております。

船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

奥二重から平行型二重へ

奥二重の状態から平行型二重を希望されたモニター患者さんをご紹介します。
埋没法(マイクロカット法)にて二重瞼を作りました。

“埋没法(マイクロカット法)施術前"

手術前の状態です。二重まぶたですが、末広型の奥二重です

“埋没法(マイクロカット法)施術後1"

手術後3か月の状態です。
自然な感じの平行型二重になりました。

“埋没法(マイクロカット法)施術後2"

目を閉じた状態の写真です。手術後の跡はもうありません。

平行型の二重を作りには、中には目頭切開を行わないとできない場合もありますが、このように埋没法だけで自然な二重平行型にできることのほうが多いです。
以上、平行型の二重瞼を希望された二重まぶた埋没法のモニター患者様でした。

船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

自然な若返りをしたいかたのための上まぶたタルミ解消手術

上まぶたのタルミを根本的に解消するにはタルミを切開するしかありません。
目元の切開と言うとどうしても二重を作るというイメージを持たれるかもしれませんが、目の印象を変えずにタルミを解消する手術方法としては、眉下切開(ブローリフト)によるタルミ切除がベストの方法です。
(手術以外の方法ではウルセラピーがあります。ウルセラピーの瞼引き上げ効果についてはこちらを参照)

それでは眉下切開(ブローリフト)による上まぶたのタルミ切除したモニター写真を紹介します。

“ブローリフト治療前"

上記;治療前

“ブローリフト治療後"

上記:上まぶたのタルミ取り手術(ブローリフト)治療後3か月

手術では下記の写真でマーキングしてあるように皮膚を切除します。

“ブローリフト治療1"

多くの美容外科では、皮膚を切除するだけの手術が多いのですが、これだけですと、引き上げ効果が不十分です。
当院では、皮膚の下の筋層を切除・縫縮することにより引き上げ効果を高めます。
また、皮膚を切開することに多くのかたが抵抗を感じるのも事実ですが、ブローリフトの場合、眉の真下を切開するので、傷跡はほとんどわからなくなる程度まで目立たなくなります。
下記は手術後3か月、お化粧なしでの傷跡をアップした左右の状態ですが、ここまで拡大してやっとうっすらと見える程度です。眉のメイクをすれば、全くわかりません。

“ブローリフト治療2"

“ブローリフト治療3" 写真眉アップ

最後に上記モニター患者様にに書いていただいたアンケートです。

“ブローリフト患者様アンケート"

「50代 女性

手術内容:ブロウリフト手術(眉下切開)

姉の紹介でこちらの病衣kんを知りました。以前から目の回りの老化がきになっていたが、
知らない病院へ行くことが不安がありました。
姉が2.3年前にこちらの病院でまぶたをすっきりさせていて、私も何ヶ月か考えていましたが、来院して説明を聞き、先生に手術して頂きました。主人や職場の人から目の回りがすっきりしたと評判がよく、自分でも気持ちが明るくなりました。
ありがとうございます。傷跡も気にならなくなり、満足しています。」

船橋美容HP「上まぶたのたるみ」
青山美容HP「上まぶたのたるみ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

上まぶた切開部1.5mmから脂肪除去の全工程

今回は二重埋没法の際に、脂肪除去する場合に行う工程を全部お見せします。

実はこのブログ一部の美容外科医にも読まれているらしいので、専門的になりますが、脱脂のコツをお教えいたします。

————————————–

最大のポイントは、左手の薬指です。
攝子を持っている方の手の薬指で常時上まぶたを頭側(眉側)方向に引っ張ってください。
脂肪はまつ毛のラインから約8mm以上頭側にあるので、切開部の下に脂肪が常にあるわけではありません。たいていの場合は切開部より眉側に眼窩脂肪があります。眉方向に切開部を引っ張ることで、眼窩脂肪が見つかるわけです。(時々右手も眉方向に引っ張っています。)
慣れてきますと、わずか1.5mmの切開部ですが、何を剪刀で切開しているのか、何を攝子で引っ張っているのかわかってきます。そうすると、より早くかつ余計なものを切開せずに眼窩脂肪が見つかります。その結果、腫れもダウンタイムも少ない手術結果に結び付きます。

————————————–

以上、美容外科医向けのポイントでした(笑)
僕の手術の場合、脂肪除去した場合も脂肪除去しなかった場合もダウンタイムは変わりません。動画のように短時間で小さい切開部で手術を行うとほとんど腫れないからです。
ダウンタイムが気になって脂肪除去(脱脂)を迷われているようでしたら、脂肪除去したからって腫れが大きくなるわけではありませんので、安心してください。

船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

目の下のタルミ取り手術

先週のブログで紹介した患者様の続きです。

ビフォー
“フェイスリフト前"

アフター
“フェイスリフト後"

今回このモニター患者様が受けた目の下のタルミ取り手術について解説します。
目の下をアップにすると、

ビフォー
“目の下前1"

アフター
“目の下後1"

斜めからも。

ビフォー
“目の下前2"

アフター
“目の下後2"

行った手術は下記のとおりです。
“説明"

このイラストには記されていないですが、皮膚の下の眼輪筋を骨膜に固定することがポイントで、これにより効果が大きく現れ、持続性もでます。

診察時に手術後の傷が心配で手術を受けることをためらうかたがいますが、アフターの写真の通り、傷跡は全く目立ちません。

目の下のクマ・たるみを目立たなくさせる治療はいろいろありますが、皮膚のたるみがある場合は手術が最も良い方法です。

船橋美容HP「目の下のたるみ」
青山美容HP「目の下のたるみ」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

二重まぶた埋没法と脂肪除去(脱脂)

二重まぶた埋没法と脂肪除去(脱脂)を受けたモニター患者さんを紹介します。

“二重埋没法治療前"
写真上:治療前の状態

腫れぼったい瞼なので脂肪除去(脱脂)も行いました。

“二重埋没法治療"
写真上:脂肪除去(脱脂)をしている状態

“二重埋没法治療後1"
写真上:二重まぶた埋没法と脂肪除去(脱脂)治療後約6か月の状態

自然な二重になっています。

“二重埋没法治療後2"
写真上:治療後約6か月の状態で瞼を閉じたところ。

手術の跡は残っていません。

派手ではないですが、自然な二重まぶたを希望された患者さんの希望通りになったと思います。

最後に患者さんが書いてくださったアンケートです。
“二重埋没法患者様アンケート"

『30代 女性
施術:埋没法二重瞼手術(2点留めマイクロカット法)上瞼脂肪除去
・施術のキッカケ;4−5年前に別のクリニックで受けた埋没が落ちてきてしまったので。
・こちらを選んだ理由;永久保証があることと費用、地域等を他のクリニックと比べて選びました。
・カウンセリング等の感想;自分に合ったコースを勧めてもらったのでスムーズに話ができたと思います。
・施術当日の内容・痛み等;施術時間は20分くらい。痛みは瞼がしばらくズキズキしていました。
・施術当日の様子;待合室から個室へ通され説明を受けました。術後は別室でしばらくやすませていただきました。
・施術後の経過;ほとんど外出せずメイクもなるべくしないようにしました。
・アフターケアの内容:鎮痛剤を頂いたのでそれを飲んでいました。それで痛みが引いたと思います。
・施術結果の感想:しっかりと固定されている感じがして自然にメイクすることができます。
・メッセージ:ありがとうございました。こちらで施術を受けて良かったと思います。』

以上、二重まぶた埋没法と脂肪除去(脱脂)のモニター患者様でした。

船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

二重まぶた切開法は不自然?

  • 2014-12-16 (火)

二重まぶたの作り方には、埋没法と切開法の2通りがあります。
切開には抵抗があるかたが多く、埋没法のほうが断然人気はあります。
また、切開法は不自然な仕上がりになると思われているかた多いようです。
ですが、切開法もきちんと手術を行えば、切開法も非常に自然な仕上がりになります。
今回は、切開法が不自然になるという世間の誤解を解くために写真をアップしますね。
それでは、僕が行った切開法のモニター患者様を紹介します。

二重切開法施術前
2010年3月4日
術前は腫れぼったいまぶたで。奥二重の状態です。
末広型の自然な二重まぶたにしたいという希望でした。

二重切開法施術直後
術直後の状態です。切開法の唯一のデメリットは、手術直後はけっこう腫れることです。
腫れはだいたい2~3週間で引きます。

二重切開法施術後1
2010年9月17日
術後約6か月の状態です。腫れは完全に引き、自然な二重まぶたになっています。

二重切開法施術後2
閉眼した状態です。
切開法は傷跡を気にされるかたが多いようですが、傷跡は二重のラインと一致するため、傷跡には見えません。

以上、今回は「二重まぶた切開法も自然な仕上がりになる」というご紹介でした。

船橋美容HP「二重切開法」
青山美容HP「二重切開法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

わずか1.5mmの切開創から脂肪除去

二重埋没法で脂肪除去した時の動画をご紹介します。

傷の大きさはわずか1.5mm程度です。
こんな小さい傷から脂肪除去することが信じられないという医師もいますが、脂肪がある解剖の位置を正確にわかっていると、意外と簡単に見つけられます。
小さい傷で脂肪除去するメリットは、腫れが少ないことはもちろん、傷が極小のため傷を縫合する必要がなく、通院が不要になります。傷跡も残りません。

腫れぼったい瞼の場合、脂肪除去をしたほうが断然に自然な二重になりますので、脂肪除去(脱脂)をおすすめします!

船橋美容HP「二重埋没法」
青山美容HP「二重埋没法」もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

美容整形外科ブログトップページ >

検索
フィード

ページの上部に戻る