美容整形外科ブログトップページ > 院長日記

「院長日記」 のカテゴリー記事一覧

ブログが移転しました!

下記にブログが移転しました!
http://blog-motogami.funa-biyou.com/

お手数ですが、今後は新しいブログアドレスの登録をお願いします!

元神賢太

エステ脱毛の超営利主義、今も昔もかわらず

エステ脱毛の運営会社にまた業務停止命令のニュースが最近ありました。
今年に入ってからだけでももう3件以上だと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000059-asahi-soci
下記にも転載しておきます。
———————————
脱毛エステの会員勧誘広告の内容が誇大なうえ、解約した会員への返金を拒んで特定商取引法に違反したとして、消費者庁は24日、脱毛エステ店「エターナル・ラビリンス」を全国展開する「グロワール・ブリエ東京」(東京都港区)に対し、新規の会員勧誘や契約を25日から9カ月間禁止する業務停止命令を出した。

同社は有名タレントを起用したCMで知られる脱毛エステ店を全国で約70店舗展開している。

消費者庁は、同社がスマホ向けサイトに、月額9500円で脱毛を受けられるような広告を載せて勧誘し、実際には17万円を超えるコースなどを契約させていた、と指摘。また従業員や機器が足りないのに、「間違いなく予約が取れます」などと事実と異なる説明をしたり、中途解約した会員への返金を拒んだりしたなどの違反もあったとしている。

同社の脱毛エステについては「予約が取れない」「返金されない」などの相談が2012年度以降、全国の消費生活センターに500件以上、寄せられたという。同社は取材に対し、「担当の者から回答させる」としている。
————————————-
以上、「朝日新聞デジタル 8月24日(水)19時56分配信」の転載です。
上記記事にある有名タレントとは山ピーのことですね。
これが、同社のホームページ画像です。

エタラビ

エステの過剰な勧誘による営業スタイルは、今も昔も変わりません。
莫大の広告費をかけて、「1回数百円で脱毛」と宣伝し、安さを売りに集客します。
常識的に考えて客単価が数百円であれば、全国ネットで派手なCMができるわけもありません。その裏には超がつく営業トークをして、結果的に客単価を数十万レベルまで引き上げます。また、エステサロンでは、そもそも永久脱毛は、医療法で許可されていませんので、効果は一時的です。
(※出力が高い「脱毛ができる」機器を使用して、逮捕されているエステサロン経営者もよくニュースになっていますね。
永久脱毛をできるのはそもそも医療機関しかありえないのです。)

一方で、医療機関は医療法で広告がかなり規制されております。
医療機関の広告規制を統括しているのは厚労省ですが、この広告規制のために医療機関は脱毛に関して正しい情報を消費者に届けられないのが現況です。
具体的に書きますと、ネット広告でもエステサロンは金額表示を許されていますが、当院を含む医療機関は金額表示ができません。これは医療機関のネット広告が医療法で規制されているからです。消費者は一般的に金額表示していない広告には見向きもしません。
これが現状で、永久脱毛を考えている多くの消費者は、医療機関に問い合わせることなく、エステサロンに出向くわけです。
そしてその消費者はエステサロンで過剰な営業を受け、(一概には言えませんが、)消費者センターに駆け込み、被害者になるわけです。
一方で被害者を出すような倫理観を持たない経営者というのは、いくら取り締まっても、後を絶ちません。エステサロンが業務停止になったり、経営者が逮捕されたりしている事実は今も昔も変わらないのです。
法律を立案するのは、警察の仕事ではありませんが、国の機関でこれについて真剣に考えているところはあるのでしょうか?
このエステサロン過剰営業による被害者問題の要因はいくつかあります。
1. 厚労省が医療機関だけに広告規制している悪法
※医療機関もエステサロンと同様な広告ができれば、消費者は医療機関に流れ、悪徳なエステは駆逐されます。

2. 医療まがいなことをやっているのに、エステサロンを統括しているのは経産省
※エステで高出力機器による脱毛で火傷を負う健康被害にあっても、保健所(厚労省管轄)は応対してくれません。「警察に行ってください」というだけです。

3. エステサロン団体は莫大な政治資金で、自分たちに不利な法律をできることを阻止している
※そもそも火傷を負うかもしれない機器を使って、医療従事者でもない素人によって脱毛行為ができること自体がおかしいと思いませんか?でもそれを規制する法律ができないのは、政治的にそんな法律できないようにしているからです。

4. 日本の警察は目の前にある事象が法律違反かどうかのみ検討するだけで、その根本的な原因を考えることはしません。

この問題は警察、厚労省、経産省が一緒になって取り組まないといけない問題ですが、日本の縦割りの行政機関にそんなことを期待しても無駄でしょうね。
そこで、現状を少しでも知ってもらいたくて、長文になりましたが、このブログを書きました。
医療機関による正しい永久脱毛の情報が消費者に行き渡ること日がいつか来ることを切に願いします。

 

元神賢太

PR用の写真・動画を撮りました!

先日クリニック内でPR用の写真・動画の撮影をしました。

現在のホームページや看板で使用されている写真はおそらく8年以上も前の写真で、最近初診患者様から、「ホームページと全然違う」というようなことをよく言われます。

きっと『実物は、もっと年取っている』と思っていらっしゃるのでしょう(笑)

なので、今回は僕の写真をリニューアルすべく、写真撮影を行いました。

ついでにPR用の動画撮影も行いました。

Dr写真撮影

DrOPE風景

Drカメラ前

こちら写真・動画撮影の様子です。

こちらはもうすぐ完成しますので、是非楽しみにしてくださいね。

 

元神賢太

 

トレンディエンジェル斉藤司さんの3000本の抜け毛について

先日、テレビ朝日系列の「中居正広のミになる図書館」にて薄毛治療専門医としてトレンディエンジェル斉藤司さんの薄毛(はげ)について解説させていただきました。
6か月間を比較して、斉藤さんの前頭部の毛量や額の産毛の減り具合から斉藤さんの抜け毛の進行具合をおよそ3000本と解説しましたが、この3000本というのが相当インパクトあったらしく、メディアで大きく取り上げられました。
下記はその一部ですが、ライブドアニュースの記事です。
http://news.livedoor.com/article/detail/11729147/

下記はテレビ出演時の数コマです。

テレビ朝日番組出演

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

 

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

 

テレビ朝日出演

テレビ朝日出演

トレンディエンジェル斉藤さんのほか、中居正広さん、片平なぎささんなどの出演者との共演は非常に他の楽しかったです。それにめちゃくちゃ緊張しました(笑)
オンエアではハーグ療法について解説しましたが、「注射の刺す回数を100回」と少々オーバーに解説してしまいました。実際は50~60回くらいが正確なところです。
テレビカメラにたくさん囲まれて、緊張している状態で話すとついつい物事を大げさに話してしまうのは人間の真理なのでしょうか?(笑)
政治家や芸能人のテレビカメラを前にしての心境が少しわかった気がしました(笑)

テレビ朝日出演

こちらは収録前に台本を確認しているオフショットです(笑)

テレビ収録は楽しい経験でした。
テレビ朝日さんありがとうございました!

 

薄毛治療専門医、元神賢太より

今週テレビ出演立て続けに2本!

1本目は今週7月5日火曜日23:15オンエアでテレビ朝日系列の「中居正広のミになる図書館」に出演します。
http://www.tv-asahi.co.jp/mininaru/
薄毛治療専門医として薄毛治療について解説します。
こちらはテレビ朝日本社での収録時の様子です。
「中居正広のミになる図書館」薄毛

2本目は今週7月8日金曜日19:00オンエアでTBS系列の「爆報!THEフライデー」に出演します。
http://www.tbs.co.jp/bakuhou/
こちらはタトゥー除去の治療医として実際の治療をお見せしております。
「爆報!THEフライデー」タトゥー除去
こちらは青山セレスクリニックでのロケ収録でした。

是非見てくださいね!

イチローとの23年

彼を初めて意識したのは、僕が19歳の夏だった。
勉強しかして来なかった高校、浪人時代を終え、大学デビューしようと鼻息を荒くしていた1993年の夏。
合コンという場で、マニアックにも野球の話題で女の子と盛り上がり、その子は自分がオリックスファンだという。ある選手の大ファンだというから、僕がその選手を言い当てようと言うと、彼女は「無名だから、絶対当たんないよ」と言う。
僕は見事にその選手が『鈴木』と言い当てた。彼女はもちろん驚いていたが、僕はたまたま数日前に行われたジュニアオールスター(2軍のオールスター)で『鈴木』選手がMVPを獲得したことを『プロ野球ニュース』で見て知っていた。
『鈴木』とはまだ無名時代のイチロー選手のことだ。
それからというものの、僕はイチロー選手が少し話題になるたびに注視していたが、それから1年後にはもうイチローは大スターになっていた。
イチロー選手は世間の誰にとってもそうであるように、僕にとってもただの国民的大スターだったが、より僕が彼を意識せざるを得なかった理由は、彼が僕と同学年で同じ1973年生まれだったからだ。
当時僕は医学生だったが、いつしかの夏に関西にある実家に帰省した時にイチローの年齢と年俸が父と話題になり、父が「同い年なのに、あっちは1億稼いで、こっちは毎年数百万かかるでえ。えらい違いやでえ」と僕の学費が負担になっていることに少し皮肉を込めて言われたことを覚えている。父にとってはもちろん深意があったわけではないが、その言葉はまだ精神的に成熟しきれていない20歳ちょっとの僕の胸に深く刻みこまれ、それからというものの、より一層イチローを意識した。
『イチロー派』か『松井派』というのは、野球好きの僕らの世代にとってはいつも話題になることだったが、父のあの言葉のせいかわからないが、僕はいつしか『松井派』になっていた。松井の言動はすべてにおいて尊敬していたが、イチローのことを尊敬してみることはなかった。イチローがインタビューで「僕は才能をもった天才ではない。ただ、努力することに関して言えば、努力の天才とは言える」というようなことを言っていたのも何かしゃくに触っていた。『俺は何の才能もないけど、勉強1日10時間以上して努力だけで慶応医学部に入れたよ』とか、あるいは、『こっちはいくら努力してもただの医科歯科リーグのアメフト部員だよ』などと思っていたのかもしれない。
僕もあれから精神的に成長したのだろう。ここに書いたように確かに昔はイチローをあまりよく思っていなかったことだけは覚えているが、今現在は全く違う。
毎日イチロー選手の安打が気になる。『今日は代打かあ。スタメンでもっと使えよー』とヤフーニュースを見ながら内心つぶやいている。安打数、打率を見て一喜一憂する毎日。そのイチローが2016年6月16日、ピートローズを越えた。
『おめでとう。あんたは凄いよ!僕の中のスーパースターだよ』と心の中でその日は歓喜した。
そして、『僕は努力がまだまだ足りないよ。もっともっと努力して人間的に成長して一歩でもイチローに近づきたい』
今はそう思うよ、イチロー。

イチロー

『ピートローズ越え』して声援に応えるイチロー
元神賢太

今年は合同で社員旅行行ってきました!

今年は医療法人社団セレスとして初めての試みしたが、船橋中央クリニックと青山セレスクリニックのスタッフとで合同で社員旅行に行ってきました。
2泊3日のグアム旅行でした。
2院のスタッフは仕事上の関わり合いが多くなり、業務がよりスムーズに、ストレスなく進むためにも、両スタッフがお互いを少しでも知るほうがよいと常々考えていました。
合同社員旅行はまさにその良い機会となり、スタッフからも一緒に旅行に行けて良かったという声も聞かれました。
僕にとっては、1月3日以来の完全オフとなり、気分転換になりました。

“社員旅行1"

“社員旅行2"

写真:社員とグアムにて。

スタッフも英気を養うことができたようで、仕事再開後の顔も皆ハツラツとしているように思えます。僕もますますサービス向上のために頑張ります!!

元神賢太

円形脱毛症になってしまいました!

働きすぎのせいか、仕事のストレスのためか、円形脱毛症になってしまいましたorz
(昨年11月のことですが)

“ハーグ療法1"
(平成27年11月30日撮影)

右のコメカミのところだけ薄毛になっているのがわかると思います。
これが円形脱毛症です。
当院は実は脱毛症治療も専門に行っています(女性も男性も)。
そのドクターが円形脱毛症になったからには、全力で治療して成果を出すしかないと奮い立ちました(笑)

“ハーグ療法施述中"

円形脱毛症になっている部分に当院で行っているハーグ療法の注射をしているところ。
円形脱毛症に対するハーグ療法は、脱毛症が始まってからなるべく早い時期に開始したほうが治療効果が出やすいです。
通常のAGAに対するハーグ療法は1か月おきに受けることをお勧めしていますが、急性期の円形脱毛症に対するハーグ療法は2週間おきに受けることが理想です。

“ハーグ療法2"
(平成27年12月28日撮影)

ハーグ療法2回受けた後
少し良くなってきました。

“ハーグ療法3"
(平成28年1月28日撮影)

ハーグ療法4回受けた後
だいぶ良くなりました!

自分が円形脱毛症になって初めて実感しましたが、突然ハゲができることは精神的にショックがかなり伴います。
円形脱毛症の病因というものは医学がすすんでいる現在もはっきりとは解明されていません。ただ治療方法はあります。
特にハーグ療法は急性期の円形脱毛症に対して非常に効果があります。
女性でも男性でも円形脱毛症でお悩みでしたら、是非ご相談ください!

女性の円形脱毛症については
船橋美容HP船橋の女性薄毛専門サイト
青山美容HP青山の女性薄毛専門サイトもご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

私の履歴書(第5回)

アメリカのニュージャージには8歳まで住んでいました。

小学校低学年までしかいなかったので、よい思い出や楽しかった体験しか今となっては記憶にありません。kindergartenと小学校はEast Brook Elementary School (Park Ridge, New Jersy)に通っていました。アメリカの小学校の義務教育というものがどういうものだったのか、あまりよく覚えていませんが、記憶があるものを列挙しますと下記のようなエピソードがあります。

●教室にすでにマックのパソコンがあった!
小学校3年生の担任(たしかMrs. Bakerという先生)に個人的な計らいと思うのですが、教室にすでにパソコンがあり、交代でパソコンに使う練習をしていました。1980年前後の話なので、最初のマックパソコンが出て間もない時代でした。放課後は同じ小学校のMrs. Bakerの二人の子供が放課後の教室でそのパソコンでゲームをやっていたのを思い出します(まだファミコンすら発売されていない時代です)。

●1学級20人弱で掃除はしない
1クラスは16人くらいで、1学年は2クラスだけでした。日本に帰ってきたときは40人以上のクラスが9組まであったので、この違いははっきり覚えています。また教室やトイレを生徒が掃除するということは絶対なかったです。用務員のおじさんがやっていました(公立小学校です)。

●個別指導が行き届いている?
僕は日本人なので、現地のアメリカ人と比較すると発音がおかしいところがあったようです(当時の自分は納得がいかないという記憶も覚えていますが)。僕のように発音が少しおかしい生徒(確かイタリア人系の子など1クラスで3人くらい)に個別に指導をする時間がありました。今も思うことですが、アメリカの教育は小学校レベルから、個々の能力に合わせた(個別)指導というのが徹底されている気がします。すでに小学校の低学年から美術が上手な子は、放課後に美術の先生から個別の授業があったりしました(友人のScottや僕の姉がこれに選抜されていて、うらやましかった記憶が残っています)。高学年になると、ほぼ全科目で科目別・学力別のクラスに振り分かれます。(日本では高校生くらいからですかね)。日本の(80年代の)教育が「落ちこぼれをなるべく作らず、全体が平均的なレベルになるように教育する」ことに重きが置かれていたとすれば、アメリカの教育は「いかに個々の力や個性を伸ばすか」ということに重きが置かれていた気がします。これが現代の日本と米国の社会を比較した際、そのまま国民性や社会構図に反映されている気が今はします。

●Kelly
まったくアメリカの教育とは関係ありませんが、同級生にKellyという金髪のかわいい女の子がいました。

以上、現地の公立小学校の教育の記憶はこんなことぐらいしか覚えていません(笑)
また思い出したら、この回のブログに書き足していきますね。

“East

我が母校のEast Brook Elementary School(グーグルストリートビューより)

(第7回に続く)

元神賢太

アメフト部の優勝祝賀会兼創部35周年記念集会に参加♪

このブログでも記事にしましたように、学生時代にやっていたチームが22年ぶりに優勝しました。
その慶応義塾大学医学部アメリカンフットボール部ユニコーンズMNPの優勝祝賀会兼創部35周年記念集会に2月13日に参加してきました!
約20年ぶりに会う同期のマネージャーなど懐かしい先輩・後輩・同期に会えて楽しい時間でした。

“慶應OB1"
同期の選手とマネージャーです

“慶應OB2"
OBは40,50代も増えてきました(笑)

この22年ぶりの優勝は学内の機関紙「慶應義塾大学医学部新聞」にも取り上げられました。
以下その記事です。

新聞記事

今年の新シーズンも優勝できることを願っています。

元神賢太

美容整形外科ブログトップページ > 院長日記

検索
フィード

ページの上部に戻る