美容整形外科ブログトップページ > わきが・多汗症 > ペアドライの効果について

ペアドライの効果について

他のクリニックにてペアドライという治療を受けた患者様が時々ご来院されるのでペアドライについて今回は言及したいと思います。
ペアドライとはビューホットとウルセラ(ウルセラドライ)を脇の汗の治療目的のために行う施術の名前です。手術やボトックス治療以外では、当院では汗の治療目的ではビューホット治療のみを行なっています。顔のたるみ治療用に開発されたウルセラを活用した汗の治療(ウルセラドライ)は現在行なっていません。その理由はビューホット治療だけで十分に効果があるからです。
医療機器を用いたどんな治療でも言えることですが、大事なのは、施術者もしくは施術を行なうクリニックの技術であって、機器そのものではないということです。同じ機器でも治療効果が大きく違うからです。
脇の汗治療で使用するビューホットについて言いますと、当院では皮膚の火傷が最小限にして、かつ、皮下の汗腺が最大限に破壊されるように照射方法にかなりの工夫を行なっています。具体的に言いますと、皮下組織を用手的になるべく引っ張り上げたうえで、プローブと皮膚が密着するように施術を行なってきます。こうすることで、皮下の神経や皮膚自体にダメージを与えることなく、効果的に汗腺を破壊することができるのです。
こういった工夫をすることで、当院のビューホット治療の満足度は非常に高いものとなっています。
機器自体の説明をしますと、ビューホットは照射深度を0.1mm~最大6mmの深さまで調整することができます。照射強度も調整することができ、最大強度の場合は、その熱は100℃を越えます。一方、顔のたるみ治療目的に開発されているウルセラの深度は、1.5mm、3.0mm、4.5mmのみです(メーカーが提供しているプローブがこの3タイプのみだからです)。パワーの源は超音波で、高周波のビューホットのように高温にはできません。
このように深度とパワーの両面でビューホットは勝っていますので、ビューホットと比較して限られた深度とパワーしか出せないウルセラを同じ部位に照射することに私個人は無意味だと考えます。
実際当院にはペアドライで効果がなかったという患者様が時々ご来院されます。そのような患者様は1回または2回以上ビューホット治療を受けていますので、ビューホットでの再治療を敬遠したいという気持ちが大きいのですが、そのようなかたにも当院ではもう一度ビューホット治療をおすすめしております。その理由は、前述しましたように、施術者もしくは施術を行なうクリニックの技術で同じ機器でも治療効果が大きく違うからです。他のクリニックでビューホット治療を受けて効果がなかったかたも是非当院でのビューホット治療を受けていただきたいというのが僕の切なる願いです。かならずご満足いただける自信はあります。

ビューホット施術風景

上記写真はビューホット治療中の様子です。

もちろん一度の治療で腋臭を完璧に治したい場合は、シェービング法による手術もおすすめできます!

ビューホットワキガ・多汗症治療については
船橋中央クリニックビューホット ワキガ・多汗症治療専用ページ
青山セレスクリニックビューホット ワキガ・多汗症治療専用ページ
もご参照ください。

美容整形外科・美容皮膚科
千葉・船橋中央クリニック
東京・青山セレスクリニック
元神賢太

 

◆◆◆関連する記事◆◆◆

コメント:0件

コメントフォーム
記録する

CAPTCHA


トラックバック:0件

この記事のトラックバックURL
http://blog.funa-biyou.com/archives/5458/trackback
ペアドライの効果について from 美容整形外科ブログ - 千葉県 船橋中央クリニック / 東京 青山セレスクリニック

美容整形外科ブログトップページ > わきが・多汗症 > ペアドライの効果について

検索
フィード

ページの上部に戻る